なかむらクリニック

  • 〒581-0015 大阪府八尾市刑部2-182
072-929-2005
ブログ ネット受付 ネット受付

なかむらクリニック

MENU

クリニックブログ

Clinicblog

心リハ通信17号

  • 2023年5月24日

こんにちは、心臓リハビリテーション室の赤阪です。

当院の心臓リハビリテーションではリハビリを実施されている患者様に対して、健康のための情報やトピックスをホワイトボードを利用しお伝えしています。

今回は心リハ通信17号を紹介したいと思います。

八尾市の健康まちづくり計画に関わるデータ分析結果

当院のある八尾市は、2021年4月1日に「健康まちづくり科学センター」を新たに設置したことをご存知でしょうか?

この「健康まちづくり科学センター」は、健康寿命の延伸、並びに一人ひとりの健康をみんなで支え守る地域づくりを推進しています。また、大阪大学大学院や大阪がん循環器病予防センター等と健診、介護、医療等のデータ分析に基づく生活習慣病予防対策をはじめ、健康課題解決に向けた取り組みを進めています。

八尾市民を対象にした死亡統計、抽出調査による市民アンケートなどをもとにデータの分析結果をホームページに公表しています。

ここでは簡単ではありますが、八尾市民の健康状態の現状をお示ししたいと思います。

※ブログを書くにあたり「健康まちづくり科学センター」にはデータの使用等の了承を得ています。

八尾市民の平均寿命と健康寿命の推移

こちらのデータは八尾市民の平均寿命と健康寿命、そしてその差(不健康期間)を示しています。

男女共に平均寿命、健康寿命ともに延びています。これは医療の発達や健康意識が根付いてきたことで両者ともに延びていることが考えられます。

しかし不健康期間はあまり変化していません。男性に関して期間が少し延びています。

要するに以前に比べると健康で長生きする期間が延びていることは良いことですが、不健康な期間(なにかしら介助、介護が必要な期間)が延びているといることは問題です。

そのため平均寿命を延ばしながらも「健康寿命」をさらに延ばしていく意識が必要になってきます。

※ここでの場合の健康寿命は、介護保険で要介護2~5の認定を受けた時の年齢を用いて計算しています。

 もう少し軽い程度の要介護状態(要支援、要介護1)の人を考慮すると健康寿命は短くなります(国の統計では、令和元年の健康寿命は男性で約73歳、女性で約75歳と報告)

 

健康寿命と不健康期間・大阪府内市町村比較

次に大阪府内(43市町村)の中で八尾市民の健康寿命と不健康期間の順位が発表されています。

男性は24位、女性は23位と真ん中より少し低い所に位置しています。

私は産まれも育ちも八尾市です。そのためこの結果は少し残念ですが、この順位を上げたい思いです。

八尾市民の介護・介助が必要になった理由

このようなデータも公表しています。

上位は認知症、高齢による衰弱、骨折・転倒が占めています。これは多くの方も想像できるのはないでしょうか。

それに続くのは脳卒中(脳出血、脳梗塞等)、心臓病、糖尿病です。

これは生活習慣病が主な原因の病気です。

そのため介護・介助されない生活を送るためにも生活習慣に気を付けておくことが必要です。

さらに詳しく分析すると

八尾市民はメタボリックシンドローム糖尿病の人が多かったそうです。(40~74歳)

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪が過剰に蓄積されていることに加え、血圧上昇、空腹時の高血糖、脂質の異常値などがみられる状態のことをいいます。

2019年度、メタボの割合は20.8%、メタボ予備群の割合は11.8%であり、合計すると3人に1人がメタボ(予備群を含め)でした。また3人に2人が血糖値が高い状態でした。

八尾市民の生活習慣の特徴

特定健診のアンケートをもとに八尾市民の生活習慣の特徴も分析しています。

全国と比べて、八尾市民は早食いお酒好き睡眠不足が多いようです。

「早食い」すると満腹中枢が活性されず、体が満腹を感じる前にどんどん食べてしまうことになります。また血糖値が急上昇するために糖尿病にもなりやすくなります。最低でも15分以上かけて食事をする必要があるとのことです。

ここで言う「お酒好き」は男性は「毎日お酒を飲む、1日当たり3合以上のお酒を飲む人が多い」、女性は「毎日お酒を飲む人が多い」としています。お酒の飲み過ぎはは中性脂肪の数値などを上げてしまうことにつながります。

最後に睡眠不足ですが、睡眠不足が続くと、食欲を高めるホルモンが多く出る一方、食欲を抑えるホルモンが減少するとされています。

ある調査では睡眠時間が5時間未満の人は、5時間以上の人に比べて血糖値が高く、肥満になりやすいことが分かっています。

以上のような生活習慣から八尾市民はメタボ、糖尿病が多い要因の一つとされています。

やはり規則正しい生活習慣が重要ということが理解できるかと思います。

八尾市健康まちづくり計画

こういった現状を踏まえて八尾市は「八尾市健康まちづくり計画」というのを策定しています。

この計画では「みんなの健康をみんなで守る市民が主役の健康づくり」を基本理念とし、「健康寿命の延伸」「健康コミュニティづくりの推進」を基本目標としています

この計画の推進体制として、「地域の医療機関等」も入っています。当院は循環器内科をメインにしているクリニックです。循環器は生活習慣病と大きく関わる分野でもあるため、当院の強みを活かして今後も地域のみなさまの健康寿命を延ばせるように貢献していきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

今回は八尾市民の健康状態の現状でしたが、八尾市以外でも同様のことが言えると思いますので参考していただけたらと思います。

これからも情報発信を行っていきますのでよろしくお願い致します。

診療案内

ブログ

志紀なかむらクリニック